たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
虎成杏

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2009年11月24日

【JC】ウオッカ“仏の手”で連敗ストップ

秋のGIシリーズ第7弾はジャパンC。世界から強豪が集まるレースだけに話題は多いが、注目はフランスのクリストフ・ルメール騎手(30)と新コンビを組むウオッカだ。また、ダービー優勝以来半年ぶりという異例のローテーションで挑むロジユニヴァースも、絶好調の横山典弘騎手(41)騎乗でもあり目を離せない。

 毎日王冠2着、天皇賞(秋)3着。連敗スタートとなったウオッカの秋競馬に、頼もしい男とのコンビが決定した。武豊騎手がリーチザクラウンに乗ることになり、フランスの名手、クリストフ・ルメール騎手と新コンビ結成。05年の有馬記念でハーツクライに騎乗し、当時無敗のディープインパクトに土を付けた仕事人が、女傑とともに世界制覇を狙う。  

  • Posted by 虎成杏 at 14:08Comments(0)

    2009年08月10日

    【関屋記念】やっと勝った!皇成スマイル爆発!

    新潟競馬場で行われた「第44回関屋記念」は2番人気スマイルジャックが鋭い末脚で抜け出し、1年5カ月ぶりの勝利を飾った。手綱を取った三浦も昨年の函館2歳S以来、1年ぶり重賞制覇となった。

     スマイルジャックが思い出の越後路で復活だ。これが本当に初コンビ?昨年JRAに新風を起こした三浦の好騎乗に新潟ファンは酔いしれた。掛かる癖がある馬を後方でなだめ、直線は外へ。馬群をこじ開け3F32秒5の鬼脚で一気。第一人者・武豊ヒカルオオゾラを従え、人馬ともに2度目の重賞V。三浦自身は昨年の函館2歳S(フィフスペトル)以来、ちょうど1年ぶりの重賞制覇だ。
    テレビ電話

    テレビ電話

    テレビ電話
      

  • Posted by 虎成杏 at 17:56Comments(0)

    2009年06月05日

    安田記念最新情報(2)カンパニー

    コンビを組んで、今回が9戦目。これまで重賞3勝を挙げ、昨秋の天皇賞、マイルCSで4着とGIでも好走している。掲示板を外したのは、8着に終わった昨年の宝塚記念の1回だけ。呼吸が合うのは間違いない。

     木曜、カンパニーは運動で体調を整えた。水曜の追い切りでは、栗東坂路で4F51.6秒の好時計をマークするなど、まさに衰え知らず。音無師は「気が若いからね」とキャリア31戦目を迎える8歳馬に目を細める。
      

  • Posted by 虎成杏 at 12:47Comments(0)

    2009年05月27日

    ジョーカプチーノ、2400メートルも飲む…

    NHKマイルCの覇者ジョーカプチーノが、昨年のディープスカイに続く“変則2冠制覇”を目指す。最大の特長は、スピードの持続力。父が名ステイヤーのマンハッタンカフェなら、2400メートルにも十分対応できそうだ。パートナーの藤岡康は、デビュー3年目の20歳。若さを武器に、頂点まで突っ走る。

     とてつもない偉業をかけて、ジョーカプチーノが競馬の祭典に挑む。NHKマイルCとの“変則2冠”だけでも大記録だが、この馬は1200メートルのファルコンSも勝っている。距離体系が確立した現代競馬で、スプリント、マイル、クラシックとカテゴリーの違う3重賞を勝つのは至難の業だ。

     それでも、その血統をながめると、奇跡を期待せずにはいられない。父は、名ステイヤーとして一時代を築き、現在はリーディングサイヤーとして君臨するマンハッタンカフェ。母の父は、デビュー3戦目でダービー馬に輝いたフサイチコンコルド。「血統だけ見れば、クラシックディスタンスどころかステイヤー。距離は大丈夫じゃないかな」と中竹調教師は笑顔で言った。

     NHKマイルCは、2番手から抜け出しての勝利。スピードで押すタイプであることは確かだが、東京の2400メートルに対応できる下地はある。「前走は、もうちょっと前を追いかけるかなと思ったけど、折り合ったからね。今回も1コーナーをスムーズに入れば。ストライドが大きいので、東京は合う」と中竹師は言う。のびのび走れるコース。すんなり流れに乗って、スタミナを温存することは可能だ。

    人気ブログランキングへ

     中2週での参戦だが、体調は万全だ。「回復は思ったより早かった。出走を表明した時点(20日)で、疲れは取れていたからね」先週末の23日には、Dウッドチップコースに入り、馬なりで時計を出した。芦毛の馬体はふっくらと丸みを帯び、充実をうかがわせる。

     手綱を執る藤岡康にとっては、史上2番目に速い20歳4か月でのダービー制覇のチャンスだ。「前走は、3コーナーの入り口でハミをかんだが、それ以外は大丈夫だった。今回も折り合いだけでしょう。ダービーですか? 今のところ、全く緊張してません」ひょうひょうとした口調が、大仕事を予感させる。

     藤岡は、NHKマイルC後の勝利インタビューで「今日はカプチーノを飲みたいです」と答えて話題になった3年目の新鋭。人馬ともマイペースを貫けば、歴史に残るダービー馬が誕生するかもしれない。
      

  • Posted by 虎成杏 at 18:23Comments(0)

    2009年05月11日

    【NHKマイルC】上位人気3頭は総崩れ…

    1~3番人気馬が、そろって末脚不発に終わった。1番人気ブレイクランアウトは9着。「まさかの展開。狙っていたレースで自信はあったのに…」と武豊は唇をかむ。戸田師も「終始、外を通らされてスタミナを奪われた感じ」と悔しさをにじませ、「仕切り直しの気持ちで」とダービーでの巻き返しを誓った。

     2番人気アイアンルックは、8位入線→18着降着となった3番人気サンカルロ騎乗=吉田豊のラフプレーの被害をモロに受けて8着。「あの時点で馬が戦意を喪失。キャリアのある馬なら立て直して伸びただろうけど」と小牧。獲得賞金的にダービーへの出走は微妙となった。

     加害者の吉田豊は「下手に乗った」と言葉少な。4角、直線の外斜行で各開催4日間、16日から6月7日まで計8日間と異例の騎乗停止処分(1レースで処分が重なったのは史上2度目)が科せられた。

      

  • Posted by 虎成杏 at 16:04Comments(0)

    2009年05月07日

    新長距離王キッツ“留学”で善戦マン返上!

    “栗東留学”は、やはり効果抜群!?「第139回天皇賞・春」は3日、京都競馬場で行われ、12番人気の関東馬マイネルキッツがロスなく立ち回り、G1初制覇を果たした。栗東に入厩して本番に臨んだ一戦で見事に結果を出した。手綱を取ったスポニチ本紙コラムでおなじみの松岡は、07年のヴィクトリアマイル(コイウタ)に続くG1・2勝目。首差の2着にはアルナスラインが入った。

     辛抱する木に花が咲く。ド演歌を地でいくサクセスストーリーを成し遂げたのはマイネルキッツだ。直線半ばを過ぎてから馬体をびっしり併せての叩き合い。3000メートル以上走り、人馬とも疲れのピークに達した極限状況で奮起した。これまで重賞8戦で2着3回の善戦どまり。その成績がうそのように晴れ舞台でしぶとさを発揮した。外アルナスラインに最後まで先頭を譲らず、首差ねじ伏せてゴールイン。松岡が笑顔で振り返る。

     「返し馬はいつも歩いているのに今回は他馬が来たら一緒に行こうとした。具合がいいなと思っていました。スタッフが本当によく仕上げてくれたと思う」

     内枠のメリットを最大限に生かした騎乗が光った。道中は中団内で左前方にアサクサキングスなど強力なライバルを見る形。勝負どころから有力馬が外を回って進出しても、ぎりぎりまでインにこだわった。直線入り口はホクトスルタンの右、最内へ進路を取った。1頭になるとソラを使うタイプだが、アルナスラインとの併走で集中力を持続させた。

     昨秋の秋華賞ブラックエンブレム戴冠から注目を集める“栗東留学”だが、国枝師は、その先駆者的な存在だろう。10年以上前から関西圏で出走させる場合、馬の個性に合わせて栗東で調整して送り出すことを試みてきた。桜花賞を走ったダノンベルベールと入れ替わる形でキッツは16日に栗東入厩。栗東駐在の福田調教厩務員が毎日付きっきりで調教、世話にあたった。

     国枝師は関西圏でG1初勝利。“留学効果”を自らの手で実証に成功、喜びを爆発させた。

     「うれしいね。やっぱり天皇賞は別格のレースだから。やけにスムーズで、1周目に“何かやりそう”と思った。よく栗東を使わせてもらっているが、結果が出なかった。やっとだね。環境の変化に動じるタイプではない。また宝塚記念で栗東へ持ってきたい」

     春のグランプリには厩舎の大将格マツリダゴッホも登場する予定。G1馬2頭を送り込む。栗東留学のパイオニアが、春のG1戦線を一層盛り上げてくれそうだ。

      

  • Posted by 虎成杏 at 11:27Comments(0)

    2009年04月27日

    ほしのあき、ハシッテホシーノの激走に絶叫

    ◆第44回フローラS・G2(26日、東京競馬場、芝2000メートル、良) オークストライアルは、2番人気のディアジーナが好位から抜け出して快勝。2月のクイーンCに続く重賞2勝目をマークした。田村調教師、ジョッキーの内田、オーナーのディアレストの組み合わせは、昨年の優勝馬レッドアゲートと同じだった。2着ワイドサファイア、3着ハシッテホシーノまでが、オークス(5月24日、東京)の優先出走権を得た。

     ハシッテホシーノの名付け親であるタレントのほしのあきが、“愛馬”の激走に大はしゃぎ。レースの途中から絶叫し、検量室前では手塚調教師、松岡らと握手して喜びを分かち合った。

     「大興奮していて、苦しかったです。でも、楽しかったので、今夜はグッスリ眠れそう」とほしの。松岡が「ブエナビスタとか強い馬に胸を借りるつもりで」と本番へ向けての意気込みを口にすると、「貸します!!」と“胸自慢”のタレントらしいジョークを飛ばした。「オークスも、よろしくお願いします。強いの、倒しちゃってください」と松岡を激励。最後までハイテンションだった。


      

  • Posted by 虎成杏 at 16:05Comments(0)

    2009年04月23日

    ディアジーナ上昇!馬なりで1馬身先着…フローラS追い切り

     ◆フローラS追い切り追い切り(22日) オークスの優先出走権(3着以内)がかかる第44回フローラS・G2(26日、東京・芝2000メートル)の追い切りが22日、東西トレセンで行われた。美浦では、桜花賞には目もくれなかったディアジーナが、本番に向けて寸分の狂いもない仕上げ。出走権ゲットが至上命令のハシッテホシーノも反応鋭く伸びて、体調の良さをアピールした。一方、栗東ではミクロコスモスが武豊を背に、余裕で先着。しっかりと態勢を整えた。

     オークスだけを見つめてきたディアジーナにとって、最後のステップレース。ニューポリトラックコースを駆ける姿は、走る気に満ちていた。

     エアラスティング(3歳500万)を2馬身追いかけ、5ハロン地点からスタート。3コーナーを過ぎて、外から徐々に馬体を合わせた。直線に入ると、リズミカルに首を上下させ、フットワークの回転を速めていく。馬なりのまま1馬身先着。67秒0-52秒5-12秒6という時計以上に活気があった。

     「先週で体はでき上がっていたから、週末に競馬があるということを分かってくれれば十分。手綱を執った助手は、前走(フラワーC〈2〉着)より調子はいいと言っていたよ」と田村調教師。思い通りの仕上がりに目を細めた。

     2月のクイーンCで重賞初制覇。3月のフラワーCでは、単勝1・5倍の断然人気に推された。ヴィーヴァヴォドカに逃げ切りを許したが、パートナーの内田にとって、収穫の大きいレースだった。「それまでは、先行抜け出しがパターンだったが、直線で前を捕らえに行くという、違った味を見せてくれた。2400メートルのオークスにつながる内容だったと思う」

     6月2日の遅生まれ。ここまで、じっくり育ててきた。桜花賞には目もくれず、関東圏のレースにこだわって体力を温存。状態面には自信がある。「地の利を最大限に生かす形で、オークスにピンポイントで勝負をかけている。桜花賞組にとって、これからは消耗戦になるが、こちらは上向きで臨むことができる」。

     陣営の思いは、内田も十分に分かっている。「器用さがあるのは、大きな強み。何とかして、期待に応えたいと思う」執念の2文字を“旗印”に、ディアジーナはオークスへと突き進んで行く。

      

  • Posted by 虎成杏 at 11:27Comments(0)

    2009年04月16日

    皐月賞枠順確定、ロジユニヴァースは1枠1番

    19日(日)に中山競馬場で行われる第69回皐月賞(3歳牡牝、GI・芝2000m)の枠順が16日に確定した。

    弥生賞(GII)の勝ち馬で、5戦無敗での皐月賞制覇を目指すロジユニヴァースは1枠1番、スプリングS(GII)を制したアンライバルドは8枠16番、きさらぎ賞(GIII)を勝ったリーチザクラウンは8枠18番にそれぞれ入った。なお、馬券は17日(金)に新橋、後楽園、難波、梅田の各ウインズにて14時から19時まで前々日発売される。枠順は以下の通り。

    ( )内は性齢、騎手・厩舎
    1-1 ロジユニヴァース(牡3、横山典弘・萩原清)
    1-2 リクエストソング(牡3、後藤浩輝・石坂正)
    2-3 サトノロマネ(牡3、北村宏司・国枝栄)
    2-4 トライアンフマーチ(牡3、武幸四郎・角居勝彦)
    3-5 ミッキーペトラ(牡3、田中勝春・森秀行)
    3-6 ベストメンバー(牡3、四位洋文・宮本博)
    4-7 ナカヤマフェスタ(牡3、蛯名正義・二ノ宮敬宇)
    4-8 メイショウドンタク(牡3、藤田伸二・武田博)
    5-9 イグゼキュティヴ(牡3、松岡正海・斎藤誠)
    5-10 ゴールデンチケット(牡3、川田将雅・森秀行)
    6-11 アーリーロブスト(牡3、福永祐一・本田優)
    6-12 フィフスペトル(牡3、安藤勝己・加藤征弘)
    7-13 モエレエキスパート(牡3、三浦皇成・奥平雅士)
    7-14 アントニオバローズ(牡3、角田晃一・武田博)
    7-15 セイウンワンダー(牡3、内田博幸・領家政蔵)
    8-16 アンライバルド(牡3、岩田康誠・友道康夫)
    8-17 シェーンヴァルト(牡3、北村友一・岡田稲男)
    8-18 リーチザクラウン(牡3、武豊・橋口弘次郎)


      

  • Posted by 虎成杏 at 17:35Comments(0)

    2009年04月07日

    ブエナビスタ満開!不動のヒロイン…4・12桜花賞

     今年の桜花賞は、ブエナビスタが不動の主役。昨年暮れの阪神JF、3歳初戦のチューリップ賞で、絶対的な力の違いを見せつけた。「実績」「調整過程」「血統」とも文句なし。昨秋の新馬戦で戦った、皐月賞候補リーチザクラウンの橋口調教師は、桜花賞史上、ただ一頭大差勝ちを収めたテスコガビー(1975年)に“匹敵する強さ”と絶賛した。

     一頭だけ別の次元にいることを、強烈に印象付けた。昨年末の阪神JF。ブエナビスタは、後方の外めをじっくり追走し、直線で仕掛けられると抜群の反応で伸びた。あっという間に後続馬群を引き離し、ゴール前100メートルで鞍上の手綱は緩められた。「抜け出すのが速かったかな」と思わず安藤勝は苦笑い。名手の想像を超える瞬発力で、2歳女王に輝いた。

     3歳初戦のチューリップ賞では、さらにパワーアップした走りを見せた。逃げたサクラミモザが絶妙なペースを刻み、ラスト1ハロン過ぎまでは、まだ5馬身近く後方に。しかし、エンジンがかかってからが違った。一完歩ずつ差を詰め、並ぶ間もなく抜き去ってゴール。ここでも、最後は手綱が抑えられていた。「あの競馬で差すんだからね。前に馬がいれば、一生懸命に走る」山口厩務員は満足そうに言った。

    ↓私が参考にしているサイトです↓

      

  • Posted by 虎成杏 at 11:23Comments(0)

    2009年03月27日

    高松宮記念枠順確定、スリープレスナイトは2枠4番

    29日(日)に中京競馬場で行われる第39回高松宮記念(4歳上、GI・芝1200m)の枠順が27日に確定した。

    昨年のスプリンターズS(GI)を制して以来約半年ぶりの出走となるスリープレスナイトは2枠4番、阪急杯(GIII)を快勝したビービーガルダンは8枠16番、ビリーヴとの母仔制覇がかかるファリダットは4枠8番、悲願のGI初制覇を狙うキンシャサノキセキは5枠9番にそれぞれ入った。馬券は28日より発売される。枠順は以下の通り。

    ( )内は性齢、騎手・厩舎
    1-1 コスモベル(牝5、佐藤哲三・西園正都)
    1-2 ソルジャーズソング(牡7、北村友一・鮫島一歩)
    2-3 アポロドルチェ(牡4、勝浦正樹・堀井雅広)
    2-4 スリープレスナイト(牝5、上村洋行・橋口弘次郎)
    3-5 トウショウカレッジ(牡7、内田博幸・池添兼雄)
    3-6 ウエスタンダンサー(牝5、川田将雅・崎山博樹)
    4-7 アーバンストリート(牡5、福永祐一・野村彰彦)
    4-8 ファリダット(牡4、四位洋文・松元茂樹)
    5-9 キンシャサノキセキ(牡6、岩田康誠・堀宣行)
    5-10 ファイングレイン(牡6、幸英明・長浜博之)
    6-11 アイルラヴァゲイン(牡7、津村明秀・手塚貴久)
    6-12 ヘイローフジ(牝6、飯田祐史・飯田明弘)
    7-13 ローレルゲレイロ(牡5、藤田伸二・昆貢)
    7-14 ドラゴンファング(牡4、藤岡佑介・矢作芳人)
    7-15 アーバニティ(牡5、横山典弘・古賀慎明)
    8-16 ビービーガルダン(牡5、武幸四郎・領家政蔵)
    8-17 スプリングソング(牡4、池添謙一・鶴留明雄)
    8-18 ジョイフルハート(牡8、太宰啓介・小野幸治)

      

  • Posted by 虎成杏 at 15:30Comments(0)

    2009年03月17日

    【中山牝馬S】お見事!キストゥヘヴンが有終V

    第27回中山牝馬S(15日、中山11R、GIII、4歳上牝馬オープン国際、ハンデ、芝・内1800メートル、1着本賞金3900万円=出走16頭)桜の季節に輝きを取り戻した。06年の桜花賞馬キストゥヘヴンが直線で内を突いて力強く伸び、引退レースを飾った。横山典弘騎手(41)は重賞騎乗機会4連勝。1分49秒1(稍)。今後は繁殖牝馬としての活躍が期待される。15番人気のピンクカメオが2着に粘り、11番人気のダンスオールナイトが3着で、3連単は139万馬券の大荒れとなった。
     劇的なフィナーレだった。ラストランを迎えた06年桜花賞馬キストゥヘヴンが、逃げ込みを図るピンクカメオの内から並ぶ間もなくかわしてVゴール。横山典弘騎手は左手で何度もガッツポーズをして喜びを爆発させた。
     「落ち着きがあったし、スタッフが一生懸命仕上げてくれた。斤量(56.5キロ)を背負っていたので前々で。好位からでも差せると思っていたからね。(最後も)ピンクカメオの内に入れたら凄い勢いだった。やっぱりGI馬の底力だね」
     07年ヴィクトリアマイル(4着)以来の手綱となった横山典も改めて能力の高さに脱帽した。初挑戦で重賞勝ちしたフラワーCも今回と同じ中山芝1800メートル。その時の鞍上が初騎乗のノリだった。彼自身もこれで重賞騎乗機会4連勝(今季重賞6勝目)を飾った。
     キスのフラワーCが厩舎の重賞初制覇だった戸田博文調教師(45)にも格別の思いがある。「有終の美を飾れて本当に良かった。ジョッキーが上手に乗ってくれて感謝している。この馬にはクラシックをはじめ、たくさんの重賞勝ち、米国遠征(07年米GIIキャッシュコールマイル4着)などいろいろな経験もさせてもらった。牡馬相手にもへこたれず頑張ってくれたし、本当に頭の下がる思い。いい子を産んでその子がウチに来てくれればいいですね」と繁殖牝馬としての成功を願う。
     キストゥヘヴンは1週間ほど美浦の自厩舎に滞在し、今週末には北海道白老の白老ファームで繁殖生活が始まる。GIを制してからも負けん気の強さで牡馬を完封してきた。今後は母の逞しさを受け継いだ2世の活躍を心待ちにしたい。  

  • Posted by 虎成杏 at 13:54Comments(0)

    2009年03月09日

    V4!ロジユニヴァース皐月王手/弥生賞

     ムチも使わず無敗街道を突き進んだ。皐月賞トライアル「第46回弥生賞」が8日、中山競馬場で行われ、横山典弘騎手(41)騎乗のロジユニヴァースが逃げ切ってデビュー4連勝。春のクラシック獲りへ王手をかけた。無敗の弥生賞制覇は史上9頭目。同レース上位3着までが皐月賞の優先出走権を獲得した。

     ロジの、ロジによる、ロジのための弥生賞だった。意表を突く逃げ。リズムのいい走り。後続を突き放した直線。初コースも、やや重の馬場も問題にせず、ロジユニヴァースが断然の1番人気に応えた。「いい内容でした」。1日の中山記念から開催日3日連続重賞Vとなった横山典も満足げだ。
    こんなことがありました!
      

  • Posted by 虎成杏 at 16:41Comments(0)

    2009年03月02日

    浜田光正調教師「自分を褒めてあげてもいい」

    28日の中山・阪神競馬にて、同日付で引退する調教師が最後のレースを終えた。

     浜田光正調教師(70)は最終日に管理馬の出走はなく、中尾正調教師(70)は管理馬3頭が出走したが3着が最高だった。

     浜田光正(はまだ みつまさ)調教師は57年に騎手としてデビュー。47戦2勝の成績を残して82年に調教師免許を取得した。主な管理馬にはビワハヤヒデ(菊花賞-GI、天皇賞・春-GI、宝塚記念-GI)、ビワハイジ(阪神3歳牝馬S-GI)、ファレノプシス(桜花賞-GI、秋華賞-GI、エリザベス女王杯-GI)などがおり、JRA重賞はGI・7勝を含む19勝を挙げている。通算成績はJRA4609戦352勝、地方52戦3勝。

     中尾正(なかお ただし)調教師は、厩務員、調教助手を経て78年に調教師免許を取得。主な管理馬にイブキマイカグラ(阪神3歳S-GI)、ビッグテースト(中山グランドジャンプ-JGI)、ビッグウルフ(ジャパンダートダービー-交流GI)などがおり、JRA重賞はGI・2勝を含む25勝を挙げている。通算成績はJRA6208戦525勝、地方46戦7勝。

    【浜田光正調教師のコメント】
    「調教師として開業して以来25年間、長かったような短かったような、今は何とも言いあらわせない気持ちです。最高峰のGIを7つも勝つことができ、調教師として足りないところもあったかもしれませんが、自分を褒めてあげてもいいくらいよくやれたと思います。調教師人生で一番印象的なレースは、ビワハヤヒデの菊花賞でした。三冠の争いで、皐月賞ではナリタタイシンに、ダービーではウイニングチケットに敗れ、残り菊花賞しかないというときに、坂路を3本乗り、鍛え上げて勝つことができたことが今でも脳裏によみがえってきます。さらにもうひとつ、ファレノプシスが現役引退を発表した後、エリザベス女王杯を勝ったことです。引退発表後に勝つことがなかなか容易ではないなか、厩舎一丸となって頑張ったことに馬も応えてくれたのが嬉しかったです」

    【中尾正調教師のコメント】
    「30年間、大過なく調教師生活を送ることができました。最終日勝ちたかったのですが、なかなかそうはいきませんでしたね。ともあれ、ここまで事故もなくこられて良かったと思います。思い出に残る馬はオースミロッチです。あの馬は、私の妻が亡くなった翌日に京都大賞典を勝ってくれました。あとは、とても細い馬だったビッグウルフがジャパンダートダービーを勝利するなどダート界で活躍してくれたことが印象に残っています」   

  • Posted by 虎成杏 at 11:18Comments(0)