たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
虎成杏

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2009年03月27日

高松宮記念枠順確定、スリープレスナイトは2枠4番

29日(日)に中京競馬場で行われる第39回高松宮記念(4歳上、GI・芝1200m)の枠順が27日に確定した。

昨年のスプリンターズS(GI)を制して以来約半年ぶりの出走となるスリープレスナイトは2枠4番、阪急杯(GIII)を快勝したビービーガルダンは8枠16番、ビリーヴとの母仔制覇がかかるファリダットは4枠8番、悲願のGI初制覇を狙うキンシャサノキセキは5枠9番にそれぞれ入った。馬券は28日より発売される。枠順は以下の通り。

( )内は性齢、騎手・厩舎
1-1 コスモベル(牝5、佐藤哲三・西園正都)
1-2 ソルジャーズソング(牡7、北村友一・鮫島一歩)
2-3 アポロドルチェ(牡4、勝浦正樹・堀井雅広)
2-4 スリープレスナイト(牝5、上村洋行・橋口弘次郎)
3-5 トウショウカレッジ(牡7、内田博幸・池添兼雄)
3-6 ウエスタンダンサー(牝5、川田将雅・崎山博樹)
4-7 アーバンストリート(牡5、福永祐一・野村彰彦)
4-8 ファリダット(牡4、四位洋文・松元茂樹)
5-9 キンシャサノキセキ(牡6、岩田康誠・堀宣行)
5-10 ファイングレイン(牡6、幸英明・長浜博之)
6-11 アイルラヴァゲイン(牡7、津村明秀・手塚貴久)
6-12 ヘイローフジ(牝6、飯田祐史・飯田明弘)
7-13 ローレルゲレイロ(牡5、藤田伸二・昆貢)
7-14 ドラゴンファング(牡4、藤岡佑介・矢作芳人)
7-15 アーバニティ(牡5、横山典弘・古賀慎明)
8-16 ビービーガルダン(牡5、武幸四郎・領家政蔵)
8-17 スプリングソング(牡4、池添謙一・鶴留明雄)
8-18 ジョイフルハート(牡8、太宰啓介・小野幸治)

  

  • Posted by 虎成杏 at 15:30Comments(0)

    2009年03月17日

    【中山牝馬S】お見事!キストゥヘヴンが有終V

    第27回中山牝馬S(15日、中山11R、GIII、4歳上牝馬オープン国際、ハンデ、芝・内1800メートル、1着本賞金3900万円=出走16頭)桜の季節に輝きを取り戻した。06年の桜花賞馬キストゥヘヴンが直線で内を突いて力強く伸び、引退レースを飾った。横山典弘騎手(41)は重賞騎乗機会4連勝。1分49秒1(稍)。今後は繁殖牝馬としての活躍が期待される。15番人気のピンクカメオが2着に粘り、11番人気のダンスオールナイトが3着で、3連単は139万馬券の大荒れとなった。
     劇的なフィナーレだった。ラストランを迎えた06年桜花賞馬キストゥヘヴンが、逃げ込みを図るピンクカメオの内から並ぶ間もなくかわしてVゴール。横山典弘騎手は左手で何度もガッツポーズをして喜びを爆発させた。
     「落ち着きがあったし、スタッフが一生懸命仕上げてくれた。斤量(56.5キロ)を背負っていたので前々で。好位からでも差せると思っていたからね。(最後も)ピンクカメオの内に入れたら凄い勢いだった。やっぱりGI馬の底力だね」
     07年ヴィクトリアマイル(4着)以来の手綱となった横山典も改めて能力の高さに脱帽した。初挑戦で重賞勝ちしたフラワーCも今回と同じ中山芝1800メートル。その時の鞍上が初騎乗のノリだった。彼自身もこれで重賞騎乗機会4連勝(今季重賞6勝目)を飾った。
     キスのフラワーCが厩舎の重賞初制覇だった戸田博文調教師(45)にも格別の思いがある。「有終の美を飾れて本当に良かった。ジョッキーが上手に乗ってくれて感謝している。この馬にはクラシックをはじめ、たくさんの重賞勝ち、米国遠征(07年米GIIキャッシュコールマイル4着)などいろいろな経験もさせてもらった。牡馬相手にもへこたれず頑張ってくれたし、本当に頭の下がる思い。いい子を産んでその子がウチに来てくれればいいですね」と繁殖牝馬としての成功を願う。
     キストゥヘヴンは1週間ほど美浦の自厩舎に滞在し、今週末には北海道白老の白老ファームで繁殖生活が始まる。GIを制してからも負けん気の強さで牡馬を完封してきた。今後は母の逞しさを受け継いだ2世の活躍を心待ちにしたい。  

  • Posted by 虎成杏 at 13:54Comments(0)

    2009年03月09日

    V4!ロジユニヴァース皐月王手/弥生賞

     ムチも使わず無敗街道を突き進んだ。皐月賞トライアル「第46回弥生賞」が8日、中山競馬場で行われ、横山典弘騎手(41)騎乗のロジユニヴァースが逃げ切ってデビュー4連勝。春のクラシック獲りへ王手をかけた。無敗の弥生賞制覇は史上9頭目。同レース上位3着までが皐月賞の優先出走権を獲得した。

     ロジの、ロジによる、ロジのための弥生賞だった。意表を突く逃げ。リズムのいい走り。後続を突き放した直線。初コースも、やや重の馬場も問題にせず、ロジユニヴァースが断然の1番人気に応えた。「いい内容でした」。1日の中山記念から開催日3日連続重賞Vとなった横山典も満足げだ。
    こんなことがありました!
      

  • Posted by 虎成杏 at 16:41Comments(0)

    2009年03月02日

    浜田光正調教師「自分を褒めてあげてもいい」

    28日の中山・阪神競馬にて、同日付で引退する調教師が最後のレースを終えた。

     浜田光正調教師(70)は最終日に管理馬の出走はなく、中尾正調教師(70)は管理馬3頭が出走したが3着が最高だった。

     浜田光正(はまだ みつまさ)調教師は57年に騎手としてデビュー。47戦2勝の成績を残して82年に調教師免許を取得した。主な管理馬にはビワハヤヒデ(菊花賞-GI、天皇賞・春-GI、宝塚記念-GI)、ビワハイジ(阪神3歳牝馬S-GI)、ファレノプシス(桜花賞-GI、秋華賞-GI、エリザベス女王杯-GI)などがおり、JRA重賞はGI・7勝を含む19勝を挙げている。通算成績はJRA4609戦352勝、地方52戦3勝。

     中尾正(なかお ただし)調教師は、厩務員、調教助手を経て78年に調教師免許を取得。主な管理馬にイブキマイカグラ(阪神3歳S-GI)、ビッグテースト(中山グランドジャンプ-JGI)、ビッグウルフ(ジャパンダートダービー-交流GI)などがおり、JRA重賞はGI・2勝を含む25勝を挙げている。通算成績はJRA6208戦525勝、地方46戦7勝。

    【浜田光正調教師のコメント】
    「調教師として開業して以来25年間、長かったような短かったような、今は何とも言いあらわせない気持ちです。最高峰のGIを7つも勝つことができ、調教師として足りないところもあったかもしれませんが、自分を褒めてあげてもいいくらいよくやれたと思います。調教師人生で一番印象的なレースは、ビワハヤヒデの菊花賞でした。三冠の争いで、皐月賞ではナリタタイシンに、ダービーではウイニングチケットに敗れ、残り菊花賞しかないというときに、坂路を3本乗り、鍛え上げて勝つことができたことが今でも脳裏によみがえってきます。さらにもうひとつ、ファレノプシスが現役引退を発表した後、エリザベス女王杯を勝ったことです。引退発表後に勝つことがなかなか容易ではないなか、厩舎一丸となって頑張ったことに馬も応えてくれたのが嬉しかったです」

    【中尾正調教師のコメント】
    「30年間、大過なく調教師生活を送ることができました。最終日勝ちたかったのですが、なかなかそうはいきませんでしたね。ともあれ、ここまで事故もなくこられて良かったと思います。思い出に残る馬はオースミロッチです。あの馬は、私の妻が亡くなった翌日に京都大賞典を勝ってくれました。あとは、とても細い馬だったビッグウルフがジャパンダートダービーを勝利するなどダート界で活躍してくれたことが印象に残っています」   

  • Posted by 虎成杏 at 11:18Comments(0)