たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
虎成杏

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2009年04月27日

ほしのあき、ハシッテホシーノの激走に絶叫

◆第44回フローラS・G2(26日、東京競馬場、芝2000メートル、良) オークストライアルは、2番人気のディアジーナが好位から抜け出して快勝。2月のクイーンCに続く重賞2勝目をマークした。田村調教師、ジョッキーの内田、オーナーのディアレストの組み合わせは、昨年の優勝馬レッドアゲートと同じだった。2着ワイドサファイア、3着ハシッテホシーノまでが、オークス(5月24日、東京)の優先出走権を得た。

 ハシッテホシーノの名付け親であるタレントのほしのあきが、“愛馬”の激走に大はしゃぎ。レースの途中から絶叫し、検量室前では手塚調教師、松岡らと握手して喜びを分かち合った。

 「大興奮していて、苦しかったです。でも、楽しかったので、今夜はグッスリ眠れそう」とほしの。松岡が「ブエナビスタとか強い馬に胸を借りるつもりで」と本番へ向けての意気込みを口にすると、「貸します!!」と“胸自慢”のタレントらしいジョークを飛ばした。「オークスも、よろしくお願いします。強いの、倒しちゃってください」と松岡を激励。最後までハイテンションだった。


  

  • Posted by 虎成杏 at 16:05Comments(0)

    2009年04月23日

    ディアジーナ上昇!馬なりで1馬身先着…フローラS追い切り

     ◆フローラS追い切り追い切り(22日) オークスの優先出走権(3着以内)がかかる第44回フローラS・G2(26日、東京・芝2000メートル)の追い切りが22日、東西トレセンで行われた。美浦では、桜花賞には目もくれなかったディアジーナが、本番に向けて寸分の狂いもない仕上げ。出走権ゲットが至上命令のハシッテホシーノも反応鋭く伸びて、体調の良さをアピールした。一方、栗東ではミクロコスモスが武豊を背に、余裕で先着。しっかりと態勢を整えた。

     オークスだけを見つめてきたディアジーナにとって、最後のステップレース。ニューポリトラックコースを駆ける姿は、走る気に満ちていた。

     エアラスティング(3歳500万)を2馬身追いかけ、5ハロン地点からスタート。3コーナーを過ぎて、外から徐々に馬体を合わせた。直線に入ると、リズミカルに首を上下させ、フットワークの回転を速めていく。馬なりのまま1馬身先着。67秒0-52秒5-12秒6という時計以上に活気があった。

     「先週で体はでき上がっていたから、週末に競馬があるということを分かってくれれば十分。手綱を執った助手は、前走(フラワーC〈2〉着)より調子はいいと言っていたよ」と田村調教師。思い通りの仕上がりに目を細めた。

     2月のクイーンCで重賞初制覇。3月のフラワーCでは、単勝1・5倍の断然人気に推された。ヴィーヴァヴォドカに逃げ切りを許したが、パートナーの内田にとって、収穫の大きいレースだった。「それまでは、先行抜け出しがパターンだったが、直線で前を捕らえに行くという、違った味を見せてくれた。2400メートルのオークスにつながる内容だったと思う」

     6月2日の遅生まれ。ここまで、じっくり育ててきた。桜花賞には目もくれず、関東圏のレースにこだわって体力を温存。状態面には自信がある。「地の利を最大限に生かす形で、オークスにピンポイントで勝負をかけている。桜花賞組にとって、これからは消耗戦になるが、こちらは上向きで臨むことができる」。

     陣営の思いは、内田も十分に分かっている。「器用さがあるのは、大きな強み。何とかして、期待に応えたいと思う」執念の2文字を“旗印”に、ディアジーナはオークスへと突き進んで行く。

      

  • Posted by 虎成杏 at 11:27Comments(0)

    2009年04月16日

    皐月賞枠順確定、ロジユニヴァースは1枠1番

    19日(日)に中山競馬場で行われる第69回皐月賞(3歳牡牝、GI・芝2000m)の枠順が16日に確定した。

    弥生賞(GII)の勝ち馬で、5戦無敗での皐月賞制覇を目指すロジユニヴァースは1枠1番、スプリングS(GII)を制したアンライバルドは8枠16番、きさらぎ賞(GIII)を勝ったリーチザクラウンは8枠18番にそれぞれ入った。なお、馬券は17日(金)に新橋、後楽園、難波、梅田の各ウインズにて14時から19時まで前々日発売される。枠順は以下の通り。

    ( )内は性齢、騎手・厩舎
    1-1 ロジユニヴァース(牡3、横山典弘・萩原清)
    1-2 リクエストソング(牡3、後藤浩輝・石坂正)
    2-3 サトノロマネ(牡3、北村宏司・国枝栄)
    2-4 トライアンフマーチ(牡3、武幸四郎・角居勝彦)
    3-5 ミッキーペトラ(牡3、田中勝春・森秀行)
    3-6 ベストメンバー(牡3、四位洋文・宮本博)
    4-7 ナカヤマフェスタ(牡3、蛯名正義・二ノ宮敬宇)
    4-8 メイショウドンタク(牡3、藤田伸二・武田博)
    5-9 イグゼキュティヴ(牡3、松岡正海・斎藤誠)
    5-10 ゴールデンチケット(牡3、川田将雅・森秀行)
    6-11 アーリーロブスト(牡3、福永祐一・本田優)
    6-12 フィフスペトル(牡3、安藤勝己・加藤征弘)
    7-13 モエレエキスパート(牡3、三浦皇成・奥平雅士)
    7-14 アントニオバローズ(牡3、角田晃一・武田博)
    7-15 セイウンワンダー(牡3、内田博幸・領家政蔵)
    8-16 アンライバルド(牡3、岩田康誠・友道康夫)
    8-17 シェーンヴァルト(牡3、北村友一・岡田稲男)
    8-18 リーチザクラウン(牡3、武豊・橋口弘次郎)


      

  • Posted by 虎成杏 at 17:35Comments(0)

    2009年04月07日

    ブエナビスタ満開!不動のヒロイン…4・12桜花賞

     今年の桜花賞は、ブエナビスタが不動の主役。昨年暮れの阪神JF、3歳初戦のチューリップ賞で、絶対的な力の違いを見せつけた。「実績」「調整過程」「血統」とも文句なし。昨秋の新馬戦で戦った、皐月賞候補リーチザクラウンの橋口調教師は、桜花賞史上、ただ一頭大差勝ちを収めたテスコガビー(1975年)に“匹敵する強さ”と絶賛した。

     一頭だけ別の次元にいることを、強烈に印象付けた。昨年末の阪神JF。ブエナビスタは、後方の外めをじっくり追走し、直線で仕掛けられると抜群の反応で伸びた。あっという間に後続馬群を引き離し、ゴール前100メートルで鞍上の手綱は緩められた。「抜け出すのが速かったかな」と思わず安藤勝は苦笑い。名手の想像を超える瞬発力で、2歳女王に輝いた。

     3歳初戦のチューリップ賞では、さらにパワーアップした走りを見せた。逃げたサクラミモザが絶妙なペースを刻み、ラスト1ハロン過ぎまでは、まだ5馬身近く後方に。しかし、エンジンがかかってからが違った。一完歩ずつ差を詰め、並ぶ間もなく抜き去ってゴール。ここでも、最後は手綱が抑えられていた。「あの競馬で差すんだからね。前に馬がいれば、一生懸命に走る」山口厩務員は満足そうに言った。

    ↓私が参考にしているサイトです↓

      

  • Posted by 虎成杏 at 11:23Comments(0)