たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
虎成杏

2009年04月07日

ブエナビスタ満開!不動のヒロイン…4・12桜花賞

 今年の桜花賞は、ブエナビスタが不動の主役。昨年暮れの阪神JF、3歳初戦のチューリップ賞で、絶対的な力の違いを見せつけた。「実績」「調整過程」「血統」とも文句なし。昨秋の新馬戦で戦った、皐月賞候補リーチザクラウンの橋口調教師は、桜花賞史上、ただ一頭大差勝ちを収めたテスコガビー(1975年)に“匹敵する強さ”と絶賛した。

 一頭だけ別の次元にいることを、強烈に印象付けた。昨年末の阪神JF。ブエナビスタは、後方の外めをじっくり追走し、直線で仕掛けられると抜群の反応で伸びた。あっという間に後続馬群を引き離し、ゴール前100メートルで鞍上の手綱は緩められた。「抜け出すのが速かったかな」と思わず安藤勝は苦笑い。名手の想像を超える瞬発力で、2歳女王に輝いた。

 3歳初戦のチューリップ賞では、さらにパワーアップした走りを見せた。逃げたサクラミモザが絶妙なペースを刻み、ラスト1ハロン過ぎまでは、まだ5馬身近く後方に。しかし、エンジンがかかってからが違った。一完歩ずつ差を詰め、並ぶ間もなく抜き去ってゴール。ここでも、最後は手綱が抑えられていた。「あの競馬で差すんだからね。前に馬がいれば、一生懸命に走る」山口厩務員は満足そうに言った。

↓私が参考にしているサイトです↓


  • ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    ブエナビスタ満開!不動のヒロイン…4・12桜花賞
      コメント(0)