たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
虎成杏

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2009年05月27日

ジョーカプチーノ、2400メートルも飲む…

NHKマイルCの覇者ジョーカプチーノが、昨年のディープスカイに続く“変則2冠制覇”を目指す。最大の特長は、スピードの持続力。父が名ステイヤーのマンハッタンカフェなら、2400メートルにも十分対応できそうだ。パートナーの藤岡康は、デビュー3年目の20歳。若さを武器に、頂点まで突っ走る。

 とてつもない偉業をかけて、ジョーカプチーノが競馬の祭典に挑む。NHKマイルCとの“変則2冠”だけでも大記録だが、この馬は1200メートルのファルコンSも勝っている。距離体系が確立した現代競馬で、スプリント、マイル、クラシックとカテゴリーの違う3重賞を勝つのは至難の業だ。

 それでも、その血統をながめると、奇跡を期待せずにはいられない。父は、名ステイヤーとして一時代を築き、現在はリーディングサイヤーとして君臨するマンハッタンカフェ。母の父は、デビュー3戦目でダービー馬に輝いたフサイチコンコルド。「血統だけ見れば、クラシックディスタンスどころかステイヤー。距離は大丈夫じゃないかな」と中竹調教師は笑顔で言った。

 NHKマイルCは、2番手から抜け出しての勝利。スピードで押すタイプであることは確かだが、東京の2400メートルに対応できる下地はある。「前走は、もうちょっと前を追いかけるかなと思ったけど、折り合ったからね。今回も1コーナーをスムーズに入れば。ストライドが大きいので、東京は合う」と中竹師は言う。のびのび走れるコース。すんなり流れに乗って、スタミナを温存することは可能だ。

人気ブログランキングへ

 中2週での参戦だが、体調は万全だ。「回復は思ったより早かった。出走を表明した時点(20日)で、疲れは取れていたからね」先週末の23日には、Dウッドチップコースに入り、馬なりで時計を出した。芦毛の馬体はふっくらと丸みを帯び、充実をうかがわせる。

 手綱を執る藤岡康にとっては、史上2番目に速い20歳4か月でのダービー制覇のチャンスだ。「前走は、3コーナーの入り口でハミをかんだが、それ以外は大丈夫だった。今回も折り合いだけでしょう。ダービーですか? 今のところ、全く緊張してません」ひょうひょうとした口調が、大仕事を予感させる。

 藤岡は、NHKマイルC後の勝利インタビューで「今日はカプチーノを飲みたいです」と答えて話題になった3年目の新鋭。人馬ともマイペースを貫けば、歴史に残るダービー馬が誕生するかもしれない。
  

  • Posted by 虎成杏 at 18:23Comments(0)

    2009年05月11日

    【NHKマイルC】上位人気3頭は総崩れ…

    1~3番人気馬が、そろって末脚不発に終わった。1番人気ブレイクランアウトは9着。「まさかの展開。狙っていたレースで自信はあったのに…」と武豊は唇をかむ。戸田師も「終始、外を通らされてスタミナを奪われた感じ」と悔しさをにじませ、「仕切り直しの気持ちで」とダービーでの巻き返しを誓った。

     2番人気アイアンルックは、8位入線→18着降着となった3番人気サンカルロ騎乗=吉田豊のラフプレーの被害をモロに受けて8着。「あの時点で馬が戦意を喪失。キャリアのある馬なら立て直して伸びただろうけど」と小牧。獲得賞金的にダービーへの出走は微妙となった。

     加害者の吉田豊は「下手に乗った」と言葉少な。4角、直線の外斜行で各開催4日間、16日から6月7日まで計8日間と異例の騎乗停止処分(1レースで処分が重なったのは史上2度目)が科せられた。

      

  • Posted by 虎成杏 at 16:04Comments(0)

    2009年05月07日

    新長距離王キッツ“留学”で善戦マン返上!

    “栗東留学”は、やはり効果抜群!?「第139回天皇賞・春」は3日、京都競馬場で行われ、12番人気の関東馬マイネルキッツがロスなく立ち回り、G1初制覇を果たした。栗東に入厩して本番に臨んだ一戦で見事に結果を出した。手綱を取ったスポニチ本紙コラムでおなじみの松岡は、07年のヴィクトリアマイル(コイウタ)に続くG1・2勝目。首差の2着にはアルナスラインが入った。

     辛抱する木に花が咲く。ド演歌を地でいくサクセスストーリーを成し遂げたのはマイネルキッツだ。直線半ばを過ぎてから馬体をびっしり併せての叩き合い。3000メートル以上走り、人馬とも疲れのピークに達した極限状況で奮起した。これまで重賞8戦で2着3回の善戦どまり。その成績がうそのように晴れ舞台でしぶとさを発揮した。外アルナスラインに最後まで先頭を譲らず、首差ねじ伏せてゴールイン。松岡が笑顔で振り返る。

     「返し馬はいつも歩いているのに今回は他馬が来たら一緒に行こうとした。具合がいいなと思っていました。スタッフが本当によく仕上げてくれたと思う」

     内枠のメリットを最大限に生かした騎乗が光った。道中は中団内で左前方にアサクサキングスなど強力なライバルを見る形。勝負どころから有力馬が外を回って進出しても、ぎりぎりまでインにこだわった。直線入り口はホクトスルタンの右、最内へ進路を取った。1頭になるとソラを使うタイプだが、アルナスラインとの併走で集中力を持続させた。

     昨秋の秋華賞ブラックエンブレム戴冠から注目を集める“栗東留学”だが、国枝師は、その先駆者的な存在だろう。10年以上前から関西圏で出走させる場合、馬の個性に合わせて栗東で調整して送り出すことを試みてきた。桜花賞を走ったダノンベルベールと入れ替わる形でキッツは16日に栗東入厩。栗東駐在の福田調教厩務員が毎日付きっきりで調教、世話にあたった。

     国枝師は関西圏でG1初勝利。“留学効果”を自らの手で実証に成功、喜びを爆発させた。

     「うれしいね。やっぱり天皇賞は別格のレースだから。やけにスムーズで、1周目に“何かやりそう”と思った。よく栗東を使わせてもらっているが、結果が出なかった。やっとだね。環境の変化に動じるタイプではない。また宝塚記念で栗東へ持ってきたい」

     春のグランプリには厩舎の大将格マツリダゴッホも登場する予定。G1馬2頭を送り込む。栗東留学のパイオニアが、春のG1戦線を一層盛り上げてくれそうだ。

      

  • Posted by 虎成杏 at 11:27Comments(0)